本文へスキップ

車を売りたい! 何からやればいいの?

見出しタイヤの空気圧

購入前にチェック→トヨタヴィッツ 値引き
給油所に行って、車のタイヤに空気を入れる事がありますが、その時には車のタイヤの空気圧を適正値に揃えるのです。以前は、適当に空気を押し込んでいたように思いますが、タイヤには適正な空気圧があると言うことを最近知ったのです。

なので、給油所で担当者に「軽自動車の空気圧は?」のように聞くのではなく、自分の車の最適なタイヤの空気圧をチェックする事が大事なのです。運転席のドアの淵に書いてあるなんて知らなかったのです。そのあたりは、自動車教習所でも教えていなかったように思うのです。

なので、最近は適正量の空気圧を入れるようになりましたが、燃費も良くするためには多少高めに入れた方がよいと聞きます。なので、多少強めに入れる事もあるのですが、そんな状態にしていると、何かの拍子にバーストししまう可能性を高めてしまうのではないかと思ってドキドキ状態なのです。

なので、タイヤの寿命を縮める代わりに、燃費を高めるという感覚になってしまいます。実際のところは、規定の空気圧よりも多少高い空気圧で使っていても大丈夫なのだそうです。

最近の低燃費車の場合は、規定の空気圧が高いタイヤが採用されており、タイヤだけを購入するときは結構高かったりするので困ってしまいます。