本文へスキップ

車を売りたい! 何からやればいいの?

見出し運転の怖さを実感

最近よくニュースで目にするのが、親が何らかのかたちで自分の運転する車でわが子を轢き殺してしまう話です。想像するだけでも加害者となった親御さんの辛さが身に沁みます。一生ついてまわることですし可愛いわが子が戻ってこないのは本当に何とも言えないことだと思います。改めて車の運転を気を付けようと思っていた矢先人と接触しそうになり冷や汗をかきました。

交差点での出来事です。信号が青になりなり右折したかったのですが対向車が続いており中々右折できずにやりすごしておりましたら対向車で右折のウィンカーを出しているくるまが来たので対向車線の後続車に気を付けていこうと思い注意しているとバイクが突っ込んできているのがみえたので徐行してバイクが通り過ぎるのを待ちいざ右折しようと思った矢先男性が横断歩道を渡ろうとしていたらしく私の車の前で止まりました。私も慌ててブレーキを踏み接触せずにすもましたが何とも後味の悪いこと。しばらくの間男性に睨みつけられていました。安全確認ミスだったのは認めざるおえず、しばらくは心臓がばくばくして前述のニュースでとりあげられているような加害者になるところだったと思うとぞっとしました。これを教訓に安全確認はこれでもかっというほどして初心に戻り安全なカーライフを楽しみたいと思います。